ホームページからご注文の方限定で10%OFF!
ホームページからご注文の方限定で10%OFF!

30年ぶりの公式ガイドブック。全国書店のご担当者へ。
世界最大級の美術館“メトロポリタン美術館”を行く前に、行った後も、
行けなくても、ぜひご購読をおすすめします。(2013年1月刊行)

メトロポリタン美術館ガイド 日本語版

"THE METROPOLITAN MUSEUM of ART"

刊行/メトロポリタン美術館出版部
B5判上製 456頁 カラー図版多数
ISBN 978-4-904206-20-1 C1070
価格:3,800円(税別)
「ごあいさつ」より抜粋
メトロポリタン美術館は、世界のあらゆる地域における5千年以上にわたる年月の文化遺産を有する、まさに世界を象徴する美術館です。
本書の最大の目的は、読書の方々に美術館に足を運んでいただき、これらの作品をご自身の目で鑑賞していただくことです。
本書をご覧になったら、必ずそうしたいと思われることを私は確信しています。

メトロポリタン美術館 館長 トマスP.キャンベル
注文する
詳細を見る

電子ブックの時代に、本を楽しむこと、本を読む喜びを忘れない。
本書は、図書館や情報に関わるすべての人々に読んでほしい。
(2011年9月刊行)

本 ‐その歴史と未来

"Books as History"

刊行/大英図書館、ミュージアム図書、(株)国際文献印刷所 共同出版
A5判上製 208頁 カラー図版多数
ISBN 978-4-904206-09-6 C1000
価格:4,200円(税別)
「著書の言葉」より抜粋

本書のめざすところは、主に二つある。第一には、モノとしての本が有するさまざまな魅力を記することである。
本には文章などの中味があるが、それとは別に、モノとしての本には一冊一冊に歴史があり、また外形的な特徴がある。
それぞれの書物がどのように作られ、所蔵され、書き込みがなされ、削られ、製本されたのか。
それは、人間の文明の中核をなすテクストの歴史に必ずや何かを加えるものであろう。
第二には、こうした側面を今見直すことの重要性についてである。今、すなわち、本の世界が変化し、電子媒体の普及によって書物の伝統的な機能が問われているこの時代に、である。
ひょっとすると本が読まれる、ということはなくなるのかも知れない。しかし、本が持つ別の価値を、今こそ見つめ直してみようではないか。

著作:ディヴィッド・ピアソン
注文する
詳細を見る

大英図書館所有の本に登場する特徴的な「猫」を選び出し、歴史上
「猫」がどのように描かれているかを明らかにする(2012年4月刊行)

『ネコ・猫・ねこ IN BOOKS』新装版

"Cats in Books"

ロドニー・デイル著
山内玲子訳
大英図書館共同制作
A5判112頁
価格 2,400円(税別)
ISBN 978-4-904206-10-2
1998年に発売したネコの本をペーパーバックの新装版で発売します。古くは8世紀から登場する本の世界の魅力的なネコたちの話をお楽しみください。

裏表紙より
「世界一のライブラリー、大英図書館の本や写本から選びぬかれたネコ・猫・ねこ、8世紀の『ケルズの書』に登場する猫から、エドワード・リアの愛猫フォス、ビアトリス・ポター描くこねこのトムやキャスリーン・ヘイルのオーランドーまで、1200年にわたる猫のさし絵の流れをたどる、すべての猫好きと本好き、アート好きの人びとに贈る楽しくてすこしためになる「本の猫」の本。
注文する
詳細を見る

大英図書館所有の本に登場する特徴的な「犬」を選び出し、
「犬」を通してその時代背景や歴史を読み解く(2012年6月刊行)

『イヌ・犬・いぬ IN BOOKS』

"DOGS IN BOOKS A Celebration of Dog Illustration Through the Ages"

キャサリン・ブリトン著 山内玲子訳
大英図書館共同制作
A5判112頁
価格 3,000円(税別)
ISBN 978-4-904206-11-9
 ラッシー、Snoopy、101匹ワンちゃんをはじめ日本の読者にもおなじみのイヌたち!ギリシャ神話の時代から、ヘラクレスの武勇談にも登場するケルベロスなど、大英図書館の本から選んだ犬の話の挿絵を集めた本です。ネコの本(新装版6月発売)と一緒にお楽しみください。

「はじめに」より抜粋
「このささやかな本は、文学にあらわれる多くの犬のなかからいくつかを選び出して、その時代背景や歴史のなかに位置づけようとするものです。取り上げられなかった人気の犬たちもたくさんあるでしょう――このような小さな本では、すべてを取り上げることはとうてい不可能です。それでも、文学のなかのもっとも有名な犬がかなりいるはずです。その犬たちがきっかけとなって、この本を読まれた方が、本のなかで、そして実人生で、かつて愛した――そして今も愛している――犬たちをなつかしく思い出してくださればうれしく思います。」
注文する
詳細を見る